2015年12月30日水曜日

聖地③ イスラエルの「壁」がパレスチナの「嘆き」ではないのか

武装兵士が立っている検問所

ベツレヘムの壁

入植地を囲う壁

オスロ合意から224か月経った今、両者の関係に緊張が高まりつつあるとメデイアでは伝えられている。事実かどうか私には分からない。12月の6日から11日までパレスチナのラマッラ―とベツレヘム・ジェリコとエルサレムへのご機嫌な旅をさせてもらった私にしてみれば「犠牲になるのはそこに今暮らす人達なのに」と思わずにはいられない。天気も良く行きたいところに行け、見たいものは見ることができ、食べたいものも食べられた私としてはこれからパレスチナの旅をおすすめしたいと思っているからだ。

たった4日ほどの滞在で両者の深くて暗い政治問題の何を言えよう。それは盲人が象の一部をなでてそのものを言い当てようとするようなものだ。知りたい人はご自身で多方面から情報を得て欲しい。数日の旅ではあったが道中から見た風景で奇異に感じたのは、長い壁のような柵がやけに張り巡らされている事。ガイドに聞いたら「イスラエルへの入植者に安全を保障するという名目で実はパレスチナと分断隔離するため」とのこと。

武装兵士が待つ検問所の多さにも驚いた。「イスラエル側へのパレスチナ人の出入りを監視するため」。ベツレヘムの宿泊したホテルのエレベーター内には大きな監視カメラがあり「カメラに向かって微笑みましょう」と貼紙されていた。観光客の私でも自国がこうなら「嫌だな」と感じたほどだ。その土地に生まれ育ち暮らす人達にしてみれば毎日どれほどプレッシャーに感じていることか。日常に壁がある事がますます両者を隔てていくのではないか。目に見える壁だけでなく両者を隔てる心の壁も取り除いて欲しいと願う。
これほどまでに世界宗教のエッセンスが詰まった処は世界中探してもどこにもないと思うからです。


2015年12月23日水曜日

聖地の謎② ~聖樹そして「最後の晩餐」との縁

ゲッセマネの樹齢2千年以上のオリーブ

聖地には聖樹がつきものだ。

エルサレムではイエスの足跡が多く残されているオリーブ山のゲッセマネの園に行った。ゲッセマネとはヘブライ語で「油搾り」と言う意味で2千年前には一面がオリーブの林だったそうだ。ここにイエスは祈りによくきていて「最後の晩餐」を終えた夜もこのオリーブ園で祈りを捧げたと言われている。うっすらと香気が漂いとても心地が良くて心が落ち着く場所であった。その中の8本のオリーブの木は2千年前からずっとあるのだとか。聖樹とも言うべきオリーブの木はまさに「人の集合体!」のようだった。幾十もの木がよじれ重なり合い一つの幹となった太い幹は石のようであった。が、上を見上げると枝を伸ばし青々と葉を茂らせているではないか。なんという生命力だろう!

旅の3日目、1万年前にすでに人が住み西洋考古学の宝庫といわれるジェリコに行った時にも聖樹に出会った。「ザアカイの木」と呼ばれ聖書に出てくる。2千年前から生き続けている大きないちじく桑の木で、今も葉は青々と茂っていた。釈尊にも無憂樹・印度菩提樹・沙羅双樹の伝説の聖樹がある。聖地には後世にそれを語り継ぐ生き証人(樹)がいるものだと感心した。


ザアカイの樹 イエスの生き証人

 イエス関連になるが「最後の晩餐」の因縁話をしてみたい。私はクリスチャンではない。お釈迦さんの弟子を自認しているブッデイストだ。今年(2015年)6月にミラノに行ったときの事。本当に運良く「ダビンチの最後の晩餐」サンタ・マリア・デレ・グラッツィエ修道院で本物を観ることができた。その絵を見た時鳥肌が立つほど感動し初めて複製画を買ったほどだった。(時間も人数も制限されている完全予約制で予約を取るのも大変な世界遺産の所)

最後の晩餐の元絵

 今回のエルサレム観光でなんと「最後の晩餐をした部屋」にも行き聖墳墓教会ではこれまたダビンチの元絵と言われている「最後の晩餐の絵」も信じられないほどきれいに写真に撮れたのだ。洞窟の中は暗く肉眼でもほとんど見えなかったにもかかわらず。イエスが生きた時代から千五百年後にダビンチの手によって描かれた「最後の晩餐の絵」を見た後でその元を辿るとは!ミラノからエルサレムへの繋がりはすべて偶然によるものだ。
が、偶然に見せかけた必然がある気がするのだ。そうした縁を繋ぐことが出来た幸運な私にはこれからなすべき事があるのだと感じた


2015年12月20日日曜日

聖地の謎①~エルサレム・ベツレヘムそしてエリコへ

 今回の旅ほど偶然は必然であることを感じさせてくれた旅はなかった。72の誕生日を前に聖地が聖地である訳を私は本当に知る事ができたからである。これに勝る自分への誕生祝はない。

ところでそれを知った所とはエルサレム。
「なぜまたこんな時期に?」とまわりの誰もが心配してくれた。「やめたら?」とまで言う友人もいた。私はなにも突然にこの時期行こうと思ったのではない。ちょうど1年前、ただ空爆されたガザの子供たちがあまりにも可哀そうで慰めたくて、パレスチナ子どもキャンペーンという支援団体を通して絵と幾ばくかの寄付金を贈った。その時からそこに行ってみたいと思っていたのである。
しかしどう転んでもガザには行かれそうにもないことが分りせめてエルサレムには行こうと決めたのだった。それがタイミング的にはこの12月になったに過ぎない。

旅行代金全額を振り込んだ後にパリの事件、ロシアのトルコ機撃墜と起きた。テレビ・新聞などのマスメデイアでも過剰なほどの報道があった。出発近くにネット上知ったのだが現地でもパレスチナ人とユダヤ人の事件も起きていた。「現地観光は問題ない」とのことだったがさすがに「ほんとに行けるだろうか?」と私も思ったほどだった。現地ツアーガイドによるパッケージツアーとはいえ一人旅である。日本での報道だけを見ていると誰もがあの地域はすべて危険地帯のように思える。そんな中「飛んで火に入る脳天気」と周りは思ったに違いない。

エルサレムではアフリカ・インド・台湾・韓国・コスタリカと世界中からの観光客と巡礼者に出会ったが、出会いたくもない武装兵士達にも出くわした。それはさておき、出くわしたい事に出くわせた話をしよう。

イエスが磔にされたゴルゴダの丘に建てられた聖墳墓教会の入口に立った時の事。私の体が自然に震え出しその震えがしばし止まらなかったのだ。悪寒を感じた時の震えではない。何かに体が感応したのである。目には見えない何かが何かを伝えようとしている!
この地は数千年に渡り人類という生命体を魅了してきた巨大な生命磁場なのではないか。そう私は知ったのである。そして心も満ち足りたのだった。



晴天のヨルダン渓谷をバックにドライバーガイドのジミーがパチリ。
裏手は20056月に訪れた懐かしのヨルダン。

        オリーブ山より望むイスラム・キリスト・ユダヤの聖地が三つ巴。
 中欧歴史の基の元。