2016年9月19日月曜日

北海道新幹線と52年前の東京オリンピック

函館北斗でなく北斗函館

東京オリンピックの年(196410月)の話である。
その時東京も国も税金を使っての公共事業に官民一体となって狂奔したと記憶している。
「オリンピック期間中は煩いから北海道へ旅に出ようよ」と友人達が誘った。
当時学生で東京が故郷である私はそれに一も二もなく飛びついた。
提案した友人が幹事役となり同級生男女5人での旅を手配してくれた。確か北海道までは学割周遊切符で行ったと思うのだが。楽しかった記憶が今もオリンピックとセットで思い出される。

52年後…。
駅で「北海道新幹線開業記念5日間新幹線乗り放題、2万6千円で発売」のポスターを見た時、その時の楽しい思い出が蘇った。「今度は青函連絡船ではなくて青函トンネルを通って4時間ちょっとで行ける函館まで行って来よう」と即座に決めた。前回は青春切符?で今回は大人の休日倶楽部切符。
不運にも台風10号に遭遇。函館でイカ・ウニ・カニを味わい、木古内で青の洞窟クルーズに乗って神秘の青色と出会い、奥津軽今別町から龍飛に行って青函トンネルを津軽海峡から眺めてついでに「津軽海峡冬景色」を歌い、その後五能線で日本海を堪能し男鹿文化を知る、という私だけの旅スケジュールを組んだまでは良かったのだが…。

 
台風10号接近中の函館山

函館の朝市を築地市場も見習ったら?

台風10号のせいで函館山の夜景は見られず翌日は晴れとなったにも関わらず、新幹線接続のライナーは動かず北斗駅までのバスにも長蛇の人で乗れず。困っていたら若い人達からタクシーの相乗りの申し出があったので即座に便乗。函館駅から北斗まではライナーで20分だがバスやタクシーでは40分近くかかる。それで一言。函館北斗駅は函館市にあらず北斗市である。ゆえに駅名は「北斗函館」であるべし。
10号のせいで木古内のクルーズは中止となり「青の洞窟」行けずじまい。旅はお天気次第を深く感じ入った次第。

そこで20208月東京オリンピックに話が飛ぶ。酷暑だけでなく毎週のように台風がやってくるであろう8月。そんな時期になぜ誰がどういう理由で決めたのだろうか?52年前のオリンピックは10月だったのに。
世界中から競技に集まるアスリート達と観客の事を考えていないとしか思えない。

「おもてなし」はその国にとっての良い季節も含めてである。今からでも10月に変えられないのか?オリンピックのロゴを変え国立競技場を変更し築地市場の延期を決めたのだからより良い「おもてなし」のために開催月を変えるくらいできなくはないだろう。

2016年9月4日日曜日

羽黒山神社で石川雲蝶の龍発見!か?

南魚沼の穴地十二大明神 正面の龍の彫物

羽黒山厳島神社の社 正面の龍の彫物


 雲蝶の龍!?

数年前、奈良の吉野にやく小角おづぬ634-701伝)が開祖とされる修験道の本山、金峰山寺を訪れたことがある。その時それより古いとされる羽黒派古修験道場が出羽三山にある事を知った。なんでも崇峻天皇3番目の息子蜂子皇子(562-641法名弘海 日本書記による)が開祖なんだとか。なんと彼の墓を最近まで宮内庁が人を置いて管理していたと聞き驚愕。1400年も前の、たかが墓に人ひとりが見張るなんて!なんで?

話を戻す。父の天皇が曽我馬子に暗殺されたので(592)彼は従弟の聖徳太子の助けを借りて丹後由良より脱出。海路、鶴岡由良にたどり着き羽黒山に登って修験道場を開いたそうである。
もともとこの国には自然と祖先を敬う神への信仰心があり山岳信仰の修験道の本となっていた。そこに538頃光輝く金色の仏像とともに仏教文化が入ってきたことでこれを取り入れ更なる安心と守護を神仏双方へ願ったのである。外来の物に憧れる。いつの時代でも人の気持ちは同じようなものだ。

前振りが長くなってしまった。ある日出羽三山からお呼びが掛かった。というのは私の一人勝手な解釈なのだが、とにかく8月中までに行かねばと決心したのは確かである。
 頂上に万年雪が残る月山には8合目の中の宮、弥陀ヶ原湿原までしか行かれなかったが湿原からは山々に囲まれた庄内平野が見渡せた。秋にはこの平野が黄金一色に輝くのだろう。「日本の稲作」こそは「世界遺産」に登録されるべきだと私は思った。
湯殿山ご神体はお湯があふれ出る銅色の岩山である。お社は無くお祓いを受けた後それを裸足でぐるっと廻るとお参りしたことになる。この事は「語るなかれ」「聞くなかれ」とか。誰がいつ頃からそんな事を言い出したのだろうか?神秘性を高める事で多くの人達に参拝してもらいたいと願ってか。湯殿山には素朴で純真な日本人の自然信仰が残っていた。

最後にここに来れば月山、湯殿山にもお参りしたことになる都合の良い三神合祭殿のある羽黒山に向かった。
2446の石段を上がり鳥居を抜けたところに厳島神社の社と蜂子皇子の社と称されるお社があった。そこで勢いのある素晴らしい龍の彫刻を見つけた。東洋のミケランジェロ雲蝶作ではないか?昨年10月、石川雲蝶(1814-1883)の作品群を魚沼市内にある永林寺、西福寺開山堂、穴地十二大明神と見て回っていた私の目にはそう見えたのだ。そしてまたふたつの社は明治元年(1868)からの廃仏毀釈でお堂から社に名前を変えたのではないか。これから良く調べてみたい。真相を知っている人があれば教えてください。