2016年9月19日月曜日

北海道新幹線と52年前の東京オリンピック

函館北斗でなく北斗函館

東京オリンピックの年(196410月)の話である。
その時東京も国も税金を使っての公共事業に官民一体となって狂奔したと記憶している。
「オリンピック期間中は煩いから北海道へ旅に出ようよ」と友人達が誘った。
当時学生で東京が故郷である私はそれに一も二もなく飛びついた。
提案した友人が幹事役となり同級生男女5人での旅を手配してくれた。確か北海道までは学割周遊切符で行ったと思うのだが。楽しかった記憶が今もオリンピックとセットで思い出される。

52年後…。
駅で「北海道新幹線開業記念5日間新幹線乗り放題、2万6千円で発売」のポスターを見た時、その時の楽しい思い出が蘇った。「今度は青函連絡船ではなくて青函トンネルを通って4時間ちょっとで行ける函館まで行って来よう」と即座に決めた。前回は青春切符?で今回は大人の休日倶楽部切符。
不運にも台風10号に遭遇。函館でイカ・ウニ・カニを味わい、木古内で青の洞窟クルーズに乗って神秘の青色と出会い、奥津軽今別町から龍飛に行って青函トンネルを津軽海峡から眺めてついでに「津軽海峡冬景色」を歌い、その後五能線で日本海を堪能し男鹿文化を知る、という私だけの旅スケジュールを組んだまでは良かったのだが…。

 
台風10号接近中の函館山

函館の朝市を築地市場も見習ったら?

台風10号のせいで函館山の夜景は見られず翌日は晴れとなったにも関わらず、新幹線接続のライナーは動かず北斗駅までのバスにも長蛇の人で乗れず。困っていたら若い人達からタクシーの相乗りの申し出があったので即座に便乗。函館駅から北斗まではライナーで20分だがバスやタクシーでは40分近くかかる。それで一言。函館北斗駅は函館市にあらず北斗市である。ゆえに駅名は「北斗函館」であるべし。
10号のせいで木古内のクルーズは中止となり「青の洞窟」行けずじまい。旅はお天気次第を深く感じ入った次第。

そこで20208月東京オリンピックに話が飛ぶ。酷暑だけでなく毎週のように台風がやってくるであろう8月。そんな時期になぜ誰がどういう理由で決めたのだろうか?52年前のオリンピックは10月だったのに。
世界中から競技に集まるアスリート達と観客の事を考えていないとしか思えない。

「おもてなし」はその国にとっての良い季節も含めてである。今からでも10月に変えられないのか?オリンピックのロゴを変え国立競技場を変更し築地市場の延期を決めたのだからより良い「おもてなし」のために開催月を変えるくらいできなくはないだろう。

1 件のコメント:

  1. こんばんは!中々連絡出来なくてすいません。
    リゾートしらかみ&十二湖散策で一緒だった公子です(^-^)/
    近々写真送りますね!

    返信削除